ベビ待ちのキロク *maternity* ★マタニティ旅行☆
約1年の不妊治療を経て念願の初babyを出産しました!小さな命に出逢えるまでの幸せのキロクです☆
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by oo U oo
 
[スポンサー広告
安定期の旅行*海外→沖縄に変更!
安定期(妊娠19週頃)に計画していた海外旅行
行き先はバリ島6日間・・・・

妊婦の海外旅行には賛否両論。
未曾有の震災も起きた。
色々考えて考えて・・・・、4ヶ月検診で異常がなければ行くと決めていました。
ホテル滞在をベースに、プランニングもかなり慎重に・・・。

検診の結果、至って順調♪ 
・・・でも医師には止められました。

出発1ヶ月前を切って・・・

悩んで悩んで悩んで彼とも家族とも相談して・・・
キャンセル料を払って、沖縄旅行に変更!することになりました・・・・!!

こーんなステキなプール付ヴィラでの~んびり過ごす予定だったんだよ~~

5_disini_31_2.jpg

お食事はルームサービスで~
プールサイドのガゼボでのんびりして~
体調よかったらちょっと歩いてオシャレなレストランや雑貨屋さん巡り~
専用カーでビーチでサンセット~
お部屋でスパ~
夜は星を見ながら温水プールでぽっかり~
キャンドルを照らしたディナーでは彼に今までことを感謝して~
そしておやすみは憧れの天蓋付お姫様ベッド~♪
と、いうステキなステキなのんびり旅行プラン・・・・

すべて泣く泣くキャンセル・・・・・!
(未練がましい・・・・・・・)

理由を簡単に言うなら、不安>>楽しみ になったから。

少しの間、キャンセルのショックで(苦笑)旅行のことは考えないようにしたり・・・
でも納得して決めました。
今は、沖縄旅行めっちゃ楽しみです!!!

詳しくはこれからの記事で書きたいと思います。



赤ちゃん待ちの皆さまに可愛いBabyがやってきますように!!
宜しければクリックお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

スポンサーサイト
Posted by oo U oo
comment:6   trackback:0
[行き先変更までの経緯

thema:マタニティライフ - genre:結婚・家庭生活


妊婦の海外旅行は無謀?
昨日のつづきです。 ★安定期旅行*バリ→沖縄へ変更!

同じように安定期の旅行について悩まれている方に少しでも参考になればと思い
少し経緯など書いておきたいと思います。

私も海外旅行を検討するにあたってネットで色々調べました。
妊婦さんの海外旅行を否定するわけでも、安定期の旅行をお勧めするわけでもありません。
旅行に行くこと自体、反対の方、行きたくても行けない方、不快な方もいらっしゃるかと思います。
もし不快に感じられた方がいらしたら申し訳ありません。


沖縄旅行のレポはこちら★

1年に1回ほど海外旅行に行くので、妊娠して今年も当たり前に考えていました。
前職では年に数回、海外でお客様を案内することもあって、多少慣れているつもりでしたし割と身近でした。

というか、2人きりで最後の旅行に行っておきたいっ♪というのも正直な気持ちです。
暖かいビーチリゾートでのんびりしたいな~と。

まずはいつ頃が良いか姉に相談。
姉は第一子妊娠中は海外にいて、10時間以上のフライトを経験(13週頃・17週頃・3?週頃)
第二子妊娠中にグアムに旅行しています。

安定期に入ってなるべく早くがいいよ。お腹がおっきくなってくるとキツイから。』

幸いちょうど妊娠5ヶ月がG.Wに当たることがわかり、旅行を計画!
(彼の仕事はG.W/お盆しか休めません。)

姉の意見は、13週頃の10時間以上のフライトがとにかくキツかった!!
ムリしない方がいいよ~。初めてなんだし、国内にしとけば?という感じ。

その頃は、私も体調も悪かったりこの先どうなるか分からない不安もある頃。
さすがに今年は国内でもいいかな~と沖縄旅行を計画していました・・。

そこから私の悪い癖で、調べているうちに海外に目移り・・・
G.Wの沖縄ってやっぱり高い~!!
沖縄3日間に数万+すればバリ島6日間に行けるっ
しかも海外の方がステキなホテルに泊まれるし、物価も安いし、現地でも贅沢出来る!

やっぱり海外がいいな~♪ってことですっかり海外モードにスイッチ。

ネットで妊婦の海外旅行について調べてみると、意外に反対意見を多く目にしました。
中には、信じられない。何でわざわざ妊娠中に?。周りが迷惑。自己責任で命の責任は取れない。無責任。など厳しいご意見も・・・
チラホラと「行って来ましたけど全然平気でしたよっ♪」という経験者の方。
でも大体は、国内で温泉などを楽しんでいる方が多かったように思います。

止める人もいるし、行って問題なかった人もいる。
何が起こるかは分からないし、考え方は人それぞれで自分で決めるしかない・・

自分なりにしばらく色々と考えました。
少しは不安もあったけど、先に海外旅行についてカウンターで相談する機会がやってきました。
G.Wということもあって予約を急がなくてはならず・・・
とにかく慎重なプランニングで行こうと考えました。

・フライト時間が短め
・乗り継ぎがある所や離島は何かあった時のことを考えて避ける
・保険に入る(AIU保険では妊娠22週まで加入できる保険があります。)
・現地で何かあった場合の対処の方法、病院を調べる。
・基本的にホテルでゆっくり過ごす。
・無理のないスケジュールにする。

そして選んだのがバリ島!なのでした。


次に続きます。
(長くてすみません



赤ちゃん待ちの皆さまに可愛いBabyがやってきますように!!
宜しければクリックお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

Posted by oo U oo
comment:0   trackback:0
[行き先変更までの経緯

thema:マタニティライフ - genre:結婚・家庭生活


安定期旅行*バリだった訳
前記事のつづきです。 ★妊婦の海外旅行は無謀?

同じように安定期の旅行について悩まれている方に少しでも参考になればと思い
少し経緯など書いておきたいと思います。

私も海外旅行を検討するにあたってネットで色々調べました。
妊婦さんの海外旅行を否定するわけでも、安定期の旅行をお勧めするわけでもありません。
旅行に行くこと自体、反対の方、行きたくても行けない方、不快な方もいらっしゃるかと思います。
もし不快に感じられた方がいらしたら申し訳ありません。



そうしてすっかり海外モードになったため、次は行き先選び。
先に書いた条件と、オフシーズンを除外。

そうなると残りは限られていました。
ハワイ・セブ・バリ・ボルネオ・グアム・サイパン・・・

ボルネオ以外は行ったことがあるけど、ボルネオはビーチというよりは森だし・・
ハワイは既に満席・・・
グアム・サイパンはファミリーでも行ける・・・
セブはある意味離島だし、どちらかと言うとマリンレジャー・・

バリ島について

バリには去年行っていて、今まで行った先で最も旅行しやすいところの1つでした。

・ステキなホテルが多い
・お部屋にプールが付いたヴィラなども多い
・フライトは7時間と長めだけど直行便。
・スパが安くて充実
・物価が安い
・移動は全て車
カーチャーターというドライバー&日本語ガイドがセットになったシステムが普及していて、借りた時間は自由に使うことが出来ます。
タクシーをつかまえたり、電車を乗り継いだり、長時間歩いたり、道に迷ったりすることがありません。
食事やスパの間はもちろん待っていてくれるし、予約もしてくれます。
お水が欲しければちょっとコンビニに寄ったり、重いスーツケースやお買い物したものを持ち歩く必要もない。
もちろん体調が悪ければ病院に行ってもらったり、予定を変更して途中でホテルに帰ることも出来ます。

滞在先(ホテル)について

前回観光しているし、今回はホテルでのんびり過ごすことにしました。
体調が良ければ、ちょっとお出掛け出来るエリア(スミニャック)でホテルを検討

・日本人スタッフ在住
・温水プール付のヴィラ
・レストランがないためルームサービスが充実。
・スパもお部屋で受けられるし、ホテルのお部屋の中で充分過ごせる。
・徒歩でオシャレなレストランやカフェ・服・家具・雑貨などショッピングが出来る。
・サンセットが美しいビーチも近い

そして緊急時のこと

バリ島では比較的日本語を話せる人、日本人向けのサービスが充実していると思います。
24時間日本語で対応可能な病院も近くにありました。
産科の専門医がいるかどうかは不明ですが、専門医にかかることになった場合は、受診のサポートもしてるようです。
妊娠22週までなら、AIU保険で妊婦でも入れる保険があります。
(どこまで補償されるかは確認が必要です)

ここまで調べて、自分では納得していました。
でもどうしてキャンセルしたのか・・・・

次に続きます。
(長くてすみません



赤ちゃん待ちの皆さまに可愛いBabyがやってきますように!!
宜しければクリックお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

Posted by oo U oo
comment:0   trackback:0
[行き先変更までの経緯

thema:マタニティライフ - genre:結婚・家庭生活


安定期旅行*2人の医師の反応
前記事のつづきです。 ★安定期旅行*バリだった訳

同じように安定期の旅行について悩まれている方に少しでも参考になればと思い
少し経緯など書いておきたいと思います。

私も海外旅行を検討するにあたってネットで色々調べました。
妊婦さんの海外旅行を否定するわけでも、安定期の旅行をお勧めするわけでもありません。
旅行に行くこと自体、反対の方、行きたくても行けない方、不快な方もいらっしゃるかと思います。
もし不快に感じられた方がいらしたら申し訳ありません。


行き先も決まってすっかり落ち着いた私。
楽しくプランニングしてました

そして旅行前の検診。
診察の結果、経過は順調
ありがたいことにこれまでも順調で1度も出血したことはありません。

先生には、旅行の同意や許可を得るつもりはありませんでした。
だって多分賛成はしないと思ったから・・・
自分が医師でも、というか医師の立場では勧めない。
でも内緒にしておくつもりもなく、念のため、準備して行くお薬のことを聞きたかったのです。

そして「安定期に旅行・・・・」と発したとたん。
先生は反対意見をダーーーーっと!
(海外ともバリとも言っていません。)

「不妊治療もしてやっと出来たんでしょう!?」→ハイ。おっしゃる通り・・・
「何かあっても何もしてあげれないよ?」→分かっております。。
「問題なく行ける人もいるよ?でも出血したり入院したりする人が実際にいるんだから!」→ハイ。。

みなさんねー私は大丈夫って思うのよ!」→ですよね。おっしゃる通り・・・。

でも、最後には「それでも行きたいんなら仕方ないけど」
くらいの捨て台詞があるかと期待しましたが、それすらありませんでした・・・

飛行機で行くようなところは勧められない。
大事にするのが1番なんだから!
という先生のスタンスは変わりませんでした。

今日の検診で少しでもおかしいところがあれば止めようとは思っていたけれど。
順調なのにそんなに反対・・・?

さすがにこれだけ言われると、私はそんなに悪いことをしようとしてたのかな・・
とすっかり落ち込んでしまいました・・・

私は素人でしかも初めての妊娠。そして先生はプロ。
何倍も経験がある方が「反対」と言うならきっと根拠もあるはず。それなら止めるべきかも。

キャンセルの方向ではあったものの、まだ決められないでいました。
先生によっても考え方が違うと思ったから。
そして幸い、母親学級で別の医師に意見を伺うことが出来たのです。

その先生は、反対も賛成もしませんでした。
終始穏やかにお話をしてくださいました。

行き先を聞かれて答えると、

うーん。
実際に入院する人もいる。医療費がすごくかかる可能性があるよ。
保険が効く病院がすごく遠くだったり。

ということを説明されました。

でも出産されるとしばらくは行けないとか、それぞれ思い入れもあるだろうから・・・
行きたいお気持ちはよーく分かります。と。
飛行機は乗っても大丈夫だし、時期的には全く問題ないし1番いい時期。
後は、ご主人とよく相談されてね。

という感じ。

「何かあったら」とは聞くけれど、その「何か」が具体的に分からなかった私。

「何かあるとしたら出血して切迫流産とかですか?」
「そうだね。」
「少量の出血でも病院で診てもらう必要がありますか?」
「それはないよ。安静にして様子をみてください。でも生理2日目みたいな出血があったらすぐ診てもらう方がいいね。」

という感じでした。

「行けるかも♪」正直思いました。
やっぱり先生によって違う!

2人の先生に意見を伺うことが出来て私はラッキーだったなと思います。
そして彼と相談してどうするか決めることになります。


次に続きます。
(長くてすみません



赤ちゃん待ちの皆さまに可愛いBabyがやってきますように!!
宜しければクリックお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

Posted by oo U oo
comment:5   trackback:0
[行き先変更までの経緯

thema:マタニティライフ - genre:結婚・家庭生活


安定期旅行*そして結論
前記事のつづきです。 ★安定期旅行*2人の医師の反応

同じように安定期の旅行について悩まれている方に少しでも参考になればと思い
少し経緯など書いておきたいと思います。

私も海外旅行を検討するにあたってネットで色々調べました。
妊婦さんの海外旅行を否定するわけでも、安定期の旅行をお勧めするわけでもありません。
旅行に行くこと自体、反対の方、行きたくても行けない方、不快な方もいらっしゃるかと思います。
もし不快に感じられた方がいらしたら申し訳ありません。


2人の医師の意見を聞いて、一度は「行けるかも♪」と思った私。
でも、彼と相談して、結局バリ旅行は見送ることになりました。
理由は先日の通り、不安>>楽しみ になったから。
彼も私も。

【私の気持ちの変化】

・妊娠15週の検診の時、初めて動いている赤ちゃんを見ました。
私の中で何か変わったんです。「この子を守らなくちゃ!」という実感。

・「みなさんね~私は大丈夫って思うのよ!」という先生の言葉。

・母親学級で狭い椅子に座って講義を受けた時のこと。
つわりもなかったし安定期に入って体調も良かったはず。
しかも休憩までたったの1時間。
だけど、(空調が暑かったせいもあって)狭い所に同じ体勢がとても不快で気分が悪く、とにかく外の空気が吸いたくて仕方なかった。
大好きな飛行機だけど・・・バリまで7時間・・・ちょっと怖いかも。と初めて思った。

・それまで出血もなく至って順調だった方が、17週で出血が数日続いた後流産してしまった経験談

・母親学級で医師から、妊婦はやはり通常の身体と違うことが起きていると説明されたこと
(免疫力が落ちている/血がドロドロで血栓が出来やすい。)

今までは、「出血して切迫流産」というトラブルしか頭になかったんです。
だから「今まで出血もしてないし多分大丈夫」とどこかで思っていて・・・
でもそれ以外にもトラブルが起きるかもしれないことが分かりました。

特に、免疫力が落ちている。これは環境が変わる海外ではとても怖いことです。

以前、何度も行っている香港でいつも通りに元気に過ごして、急性胃腸炎になったことがありました。
それはもうキツくてトイレから離れられず、歩くのもやっと・・・
でもとにかく日本に帰りたかった。

空港まで車でたった20分。
日本までたったの4時間のフライト。

それがものすごーーーーーーーーーく長くて長くて長くて・・・・・・・
空港では搭乗口までトイレというトイレに寄り・・・
機内ではもうろうと彼に「・・・まだ?」と何十回聞いたか分かりません。
10分おきには聞いていたそうで、今でもその話になるたびに、彼は「あのときはキツかった!!」と言います。

【彼の意見】
彼が楽しくなかったら、旅行の意味がない。
改めて思いました。

妊娠してからもずっと彼は身体を気遣ってくれる。
「お腹いたいー」「ちょっと疲れた」「なんか気持ち悪い」
別に大丈夫でも彼には思ったことを口にする私。
きっと旅行先でも言うはずです。

「大丈夫?」「座ってる?」「お水買ってくる?」「もう帰る?」
彼はどんな気持ちで聞いているんだろう?

私は万が一何かあったら現地の病院に入院する覚悟もありました。
でもそしたら彼は・・・・?

彼は楽しいかな?
今までも考えて本人にも聞いてきたけど、もう一度考えたら答えは出たような気がしました。
最終的には、彼も「「キャンセルしようか」と言いました。
もうそれが全てです。


やっぱりバリ島まではちょっと遠かった!
グアムやサイパンだったら多分行ったと思います。
「沖縄だったら行ったかな?」と話して二人とも「YES」だったので結局当初の予定に戻ることになりました。

そんなわけで、たくさん考えてとても慎重に選んだはずだったのに、結局予定が変わることになりました。
思いがけず旅行を猛反対した医師がきっかけでしたが、今考えれば幸いでした。
私たちは、キャンセル料という勉強代で納得した旅行を選ぶことが出来ました。
沖縄にしたからって何も起きないとは言えません。
バリ島でも多分・・・・・何事もなく楽しんで帰って来れたかもしれません。


旅行を計画される妊婦の皆さんには、想像よりもっともっと慎重なプランにされることをお勧めしたいです!
計画される時と出発の時では、お腹の赤ちゃんの成長も違います。
気持ちの変化だってあります。
いつも~だから大丈夫。という考えは妊娠中は禁物だなってホントに思いました。

余談ですが・・・
海外なんて子供が出来たらあんまり行けないじゃん。と姉に言った私。
姉によると「子供が出来たら子供に見せてあげたいって思うよ」なんだそうです。
なんだか今はまだぼんやりとしかその気持ちが分かりませんが、将来のその時のためにバリはとっておこうと思います♪

海外旅行に行かれる方、国内旅行に行かれる方、今は敢えて行かないという方。
妊婦の皆さんがHAPPYに過ごせたらいいなと思います!!

これからまたいつものblogに戻りますっ
長々とすみませんでした。お付き合いくださった方、ありがとうございました!



赤ちゃん待ちの皆さまに可愛いBabyがやってきますように!!
宜しければクリックお願いします♪
にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠中期へ

にほんブログ村 マタニティーブログ 初産へ

Posted by oo U oo
comment:0   trackback:0
[行き先変更までの経緯

thema:マタニティライフ - genre:結婚・家庭生活


| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。